農地の窓口

「農地の窓口」は政府の方針に基づき農地の利用を活性化する応援をしています。

農地の賃借・売買は、行政機関(農業委員会)を通して行うことができます。また、買い手・借り手は農業事業者でなければならないなどの制約があります。いくつかの制約がクリアになったとしても、事業計画などの提出が必要ですので、これらの行政手続きは、買い手・借り手にとって負担になってしまいます。
日本の農業発展のために「農地の窓口」は農地の「借りる・買う」をサポートします。まとまった土地をご希望の方は、「個別に相談する」ボタンからご連絡ください。どんな土地があるかを確認したい方は、「地図から探す」または「条件から探す」をクリックし、農地の情報をご確認ください。

農地の賃借・売買は、行政機関(農業委員会)を通して行うことができます。また、買い手・借り手は農業事業者でなければならないなどの制約があります。いくつかの制約がクリアになったとしても、いくつかの行政手続きが必要で、貸し手・売り手にとって負担になってしまいます。
日本の農業発展のために「農地の窓口」は農地の「貸す・売る」をサポートします。また、売るのか貸すのかどのようなメリット・デメリットがあるかを「農地の窓口」ではわかりやすくご説明いたしますので、「貸す・売る」をご検討の方は「個別に相談する」をクリックし、ご連絡ください。

農業に関するいろいろなご相談をお待ちしております。

・農地を所有しているものの有効活用できていなくて悩んでいる方

・農地をまとめて借りたい、買いたいとお考えの方

・農地を集約して規模の拡大を検討している方

お気軽にご連絡ください。

「農地の窓口」で取り扱っている情報について

「農地の窓口」では、「全国農地ナビ」で公開されている情報を元に弊社独自の情報を付加してお届けしております。公開されている情報を元にしているため、一部古い情報もございますが、適宜更新しておりますので、ご了承ください。